企業情報

代表挨拶

メッセージ

 私は10年前、旅行会社の添乗員として中国の各地を飛び回っていました。このころの経験が、私の中国人への想いや中国ビジネスへの想いへとつながっていったような気がします。添乗中は様々なアクシデントがありましたが、事あるごとに周りの中国人の方々が親切に対応してくれ、何度も助けられました。その後もずっと中国ビジネスに携わってきましたが、中国を嫌いになるようなひどい目に会ったことは一度もありませんでした。むしろ私の周りの中国人の親友は皆素晴らしい方達です。

一方で、日本全体で見てみると、中国に対してあまり良いイメージを抱いていない人が多いのではないでしょうか。経済面でも、米中貿易戦争や中国バブルの崩壊、賃金の上昇など、中国に対して負のイメージが先行しているような気がします。私はビジネスを通して、このような現状を少しでも変えていきたいと考えています。経済活動を促進することで、お互いの文化理解が進み、ゆくゆくは東アジアの安定、そして世界の平和へとつながっていくと信じています。

そして中国は今、我々が思っている以上に魅力的な国へと変貌を遂げています。中でも弊社が拠点を置く広東省の深圳は、ITベンチャーの集積地として世界的にも注目されています。深圳で作れないものはないと言われているほど、あらゆるメーカーが集まっており、最近ではそんな環境を求めて深圳で起業をする日本人の若者も出てきています。今後もIT、情報、通信の分野で中国は世界をリードしていくでしょう。
私たちはそんな中国の魅力を活かしつつ、お客様のビジネス発展のお手伝いをして参ります。魅力的とは言え、文化も言葉も違う中国人と対等にビジネスをするためには、語学力、交渉力、人脈ネットワーク、経験などそれなりのノウハウが必要です。弊社は創業以来、一貫して中国とのビジネスを行っておりますから、それらの全てが揃っています。中国と日本の懸け橋となるべく、社員一丸となって中国ビジネスに邁進し、弊社を支えてくれる全ての方々の幸せに貢献して参ります。

2019年12月1日
代表取締役社長
田久保 万里夫

代表者経歴

CEO

代表取締役社長 田久保 万里夫
2006年(平成18年)
立教大学 観光学部 卒業。
2007年(平成19年)
旅行会社にて中国・アジア担当として勤務。
2009年(平成21年)
記録メディア専門の商社に入社。輸入販売事業に携わる。
2012年(平成24年)
プリンター関連消耗品の卸売会社として当社を設立。
2016年(平成28年)
中国輸入代行事業を開始し現在に至る。